PERSON

お客様と共に新たな価値を
つくり上げていく醍醐味
リノベーション事業 営業職樋口 勇輝

新築だけでなくリフォームも扱いたかった

大学で土木を学んでいた樋口。友人の多くは、総合建設会社(ゼネコン)や鉄道会社などを志望したが、住宅の仕事がしたいと思ってハウスメーカーを選んだという。その中でも、設計だけでなく営業も兼ねた業務を任せてくれる会社に決めた。
「お客様にお会いするところから始まり、すでにお住まいをお持ちなら、建て替えをおすすめしていました。しかし中には、壊すには惜しい建物があり、お客様自身『愛着がある。建て替えが必要と頭で分かってはいても、やはり寂しい』とおっしゃる方が少なくありません。解体に立ち会って涙を流すお客様もいらっしゃいました。リフォームという選択肢を同時にご提供するなど、新築専門のハウスメーカーにはない動き方ができないかと思っていたときに、リブランがリノベーション事業部の立ち上げにあたって人を求めていることを知りました。やってみたいと思っていたリフォームの仕事であり、また、新規事業の立ち上げに参加できるというところにも魅力を感じて、リブランで働くことにしたんです。」
新築だけでなくリフォームも扱いたかった

新規事業立ち上げならではのやりがい

新規事業の立ち上げは苦労が多かった。リブランならではのリノベーション事業のコンセプトづくりや広告戦略、さらに営業拠点となるショールームの開設をすること。並行してお客様と一緒にご希望にあう中古マンションを探し、リノベーションのプランを打ち合わせ、工事を経てお引き渡しをし、さらにアフターケアを進める。従来の新築の販売とは大きく異なる複雑な業務フローを新たにつくりあげ、流れにそった契約書類を整理する必要がある。ところが、それらの実務に当たるのは、リノベーション事業の立ち上げを会社に提案した先輩社員と樋口の二人だけ。とにかく夢中で走ったという。
「業務量が非常に多く、想像した以上に大変でした。でも、リブランはこぢんまりした組織で、ほとんどの人が本社のオフィスに顔を揃えていて、日頃から情報交換をしたり雑談をしているので、部署を超えて気軽に相談できました。それはありがたかったですね。『あの件、その後どうなった?』と、向こうから声を掛けてくれたりすることも少なくありませんでした。リノベーション事業部のスタッフも、一人、また一人と増え、新規事業として形が整っていった。忙しかったけれど、やりがいがありました。前職では、決められたことをやるのが仕事だったので、リブランで、仕事はすべて自分でつくっていくものだと知りました。」
新規事業立ち上げならではのやりがい

一緒に新しい暮らしをつくりあげる

印象に残っているお客様がいる。
「お好きなエリアがあって、その範囲内で中古マンションを買ってリノベーションしようと考えられていました。なかなかよい物件がなかったのですが、ある日、相場から見ると破格ともいえるほど価格の安いものが出てきたんです。当然お客様はぜひ買いたいと言われました。しかし、安いのには理由があって、管理会社が入っていない自主管理物件だったんです。自主管理は、清掃やメンテナンスが行き届かないのではないかということから不動産としての価値が低く見積もられてしまい、銀行でローンが組めないケースがほとんど。この物件もそうでした。しかし、お客様はなんとか手に入れたいとおっしゃっています。売り主様サイドの不動産業者さんとも協力して住民の皆さんの合意を得て、新たに管理会社を設立することで問題の解決にあたりました。管理会社ができれば資産価値が上がり、住んでいる方にとってもメリットがあります。規約づくりや手続きが面倒ですが、そこはこちらで代行。住民の皆さんの同意も得て、管理会社の設立案をまとめました。その書類を提示することで、銀行も希望額に近いローンを組んでくれたんです。」
物件購入に向けて作戦を考え、一緒に取り組んだこともあり、お客様と樋口は意気投合。リノベーションのプランづくりも、設計担当を交え楽しく進められたという。
「打ち合わせはいつも盛り上がりましたね。お客様は趣味でサックスを吹くので住戸内に防音室がほしいというお話があり、そこは『ミュージション』のノウハウを活かして、エアコンのついた防音室をご提案しました。私自身もクラリネットを吹きますので、防音室については細部までご相談に乗ることができました。お引き渡し後もお客様とはプライベートなお付き合いが続き、時々お酒を飲みに行ったりしています。お客様と一緒に悩んだり情報を集めたりしながら、ご要望にあった住まいをつくりあげていくというのは非常に楽しい経験でした。新築の販売にはないリノベーションの醍醐味を感じた案件でした。」
一緒に新しい暮らしをつくりあげる

街の再生事業にも携わってみたい

リノベーション事業部は、設立から3年を経過した。数字も順調に伸び、お客様のニーズの高さを実感しているという。無垢の床や天然素材の塗り壁、風通しのよい間取りなど、リブランが提唱する暮らしのスタイルへの共感も大きい。樋口は今、2016年8月にオープンした「てまひま不動産」練馬店を営業拠点とし、リノベーション事業の拡大発展のために取り組んでいる。
「物件のご案内やリノベーションプランの打ち合わせ、完成見学会や工事中の現場見学会の企画・集客、さらに、さまざまな暮らしのセミナーの準備や実施など、仕事は多いです。そんな中、既存のものを大切にしながら新たな価値を付加して受け継いでいくという仕事に非常にやりがいを感じます。」
「リノベーションは住居だけでなく、こだわりのある店舗や、クリエーターのワーキングスペース、スタジオなどへの転用といったことも考えられますし、1棟まるごとサーファー向けとか、ゴルフ好きの人向け、というようにターゲットを絞り込んだ企画もおもしろいのではないかと思っています。そのリノベーションがきっかけとなって、新たな人の流れが生まれ、コミュニティができて、街づくりにも繋がっていくかもしれない。いわゆる“シャッター商店街”の再生などにも取り組んでみたいですね。幸いリブランは『おもしろそうだね。やってみよう!』というマインドに溢れた会社です。そんな試みもいつかできると思っています。」
リノベーションを通じた新たな暮らしの創造と街の再生へ、夢は大きい。
街の再生事業にも携わってみたい

一日の仕事のスケジュール

9:30 9:30
「てまひま不動産」練馬店に出社。PCでメールチェック。スタッフ全員で、今日の予定の確認。
10:00 10:00
週末に完成見学会と自然素材セミナーを予定している。それぞれに向けた資料づくりと集客のためのホームページやフェイスブックの記事づくり。
12:00 12:00
昼食。先日お客様から教わったお店に行ってみる。
13:00 13:00
飛び込みで来店されたお客様の接客。
ご希望されている中古マンションの規模や価格帯、新しい暮らしのイメージなどを伺う。
15:00 15:00
設計担当者と、週末にご提案するリノベーションプランについて打ち合わせ。収納の確保という点で、もう少し提案を加えられないか相談する。
17:00 17:00
自然素材のセミナーでは講師を務めるので、内容の準備と当日の配布資料づくり。
19:00 19:00
商店街の活性化をテーマにした社外のセミナーに参加して、そのまま帰宅。
夜は好きな音楽を聴きながらリラックス。明日への活力を養う大切な時間。