通風・調湿・温熱リノベプラン

四季を感じて自然のチカラを味方にする家

物件概要

エリア 豊島区
築年数 1984年築
間取り 2LDK+WIC
施工面積 68.93㎡
工期 2ヶ月

柔らかい陽射し、心地よい風エアコンに頼らない暮らし方

【マンションでも自然に近い暮らしを】
築31年が経過した都内のマンション。元は玄関から廊下を通ってLDKまでつながり、その側に水まわりが配置された一般的な間取り。ここを「自然をいつも身近に感じる空間」へと、リノベーションしました。まず、土間から寝室、ウィンドスルークロゼット、リビングと、空間全体に「風の通り道」を設けることで、心地よい風が行き交います。さらに、リビングは床に桧を、壁には珪藻土を用いて、湿度を調整。体感温度をコントロールする、自然のチカラを活かした暮らしへ。バルコニーにはヘチマや朝顔を植えて緑のカーテンに。昔からある知恵を拝借して、エアコンだけに頼らない、ちょっと「てまひま」かければ、そんな心と身体にやさしい暮らしをおくれるはずです。

【素材にこだわる呼吸する家とは?】
「マンションでも自然素材、光と風を、肌で感じてほしい」。そのコンセプトで設計されたのがこの空間です。まず、素材は調湿効果のある無垢材や珪藻土を使用。夏は湿気を吸い、冬ははき出す。窓辺の陽射しは緑のカーテンでコントロール。さらに、葉の蒸散作用で涼しい風を屋内に招きます。また、すべての部屋がつながる風の通り道をつくることで、風が通り抜ける間取り設計に。体感温度を整えて、エアコンに頼らない快適空間をつくり出しました。