通風・調湿・温熱リノベプラン

音楽と創作 私たちらしい暮らし方

物件概要

エリア 23区
築年数 1984年築
間取り 1LDK
施工面積 80.68㎡
工期 3ヶ月

何LDKではなく、居場所からつくる発想 暮らしを楽しみ、心をゆたかにする毎日

【夫婦それぞれのライフワークを尊重】
お気に入りの街に、中古マンションを購入したKさんご夫婦。お二人の生活の中心にあるのは、楽器の演奏と創作活動。そこで、「お互いのライフワークを尊重できること」と、リノベーションのテーマに決めました。まず、既存の振り分けだった4LDKを、スケルトンリフォームで大空間LDKに。その一角には、Kさんのワークスペースを始め、演奏を心置きなく楽しめる「音楽ルーム」、キッチンの横には奥様が創作に集中できる「創造の間」を提案。何LDKと区切るのではなく、リビングの中でそれぞれの大切な居場所をつくりました。もちろん、温熱環境も重視。四方に開口窓がある条件を最大限に活かし、光がまわり、風が流れる、回遊式の間取りを設計。暮らしを楽しめ、心がゆたかになる「終の棲家」を創造しました。

【「ミュージション」の技術とノウハウを採用】
演奏や音楽を愉しむマンション「ミュージション」を、首都圏で15年以上前から提供するリブラン。その技術とノウハウを、Kさんが音楽の近くで暮らすためのリノベーションに取り入れました。(設計/内田)

【お客様の声】自然のチカラを活かす空間設計に共感しました

リブランさんの、空気の流れや光を大切にして、心地よさを考える姿勢に共感。
暑さ・寒さを気にせず、気持ちよくお家に「篭れる」のがいいですね。(Kさん夫婦)