TEMAHIMA renovation

てまひまリノベーションとは?

Renovation Style

てまひまリノベーションのご提案

てまひま不動産が提案する「てまひまリノベーション」では、自然素材を活かした、快適な住まいをご提案致します。自然素材だから、お手入れもほんのすこしだけ丁寧に。そんな日々のちょっとしたてまひまも、暮らしを豊かにしていきます。

風通しを良くする

エアコンに頼らない

自然素材で湿度を調整

メンテナンスしながら暮らす

Eco-mix Design Renovation

「エコミックス・デザイン」の
リノベーション

てまひま不動産が提案するてまひまリノベーションは、「エコミックス・デザイン」の考え方に基いています。「エコミックス・デザイン」とは、都市の中でも自然の力(陽、風、緑、水)を利用して快適に住まうための仕組みです。気温が同じでも、湿度や風の有無、日差しの有無により、体感する暑さ(体感温度)は違います。自然の力を利用して、快適な体感温度を実現できるようなデザインを、リノベーションに取り入れていきます。

風通しを良くする

風をつくり、住まいに導く

風は人の体感温度を下げてくれます。風をうまく取り入れれば、住まいはより快適になります。エアコンの人工的な冷気に比べ、自然の風はカラダに優しくココロ安らぐもの。心地よい風の中での昼寝は格別です。住まいに風の通り道をつくり、自然の涼しさを積極的に取り込みます。

風の通り道を考える

風を通すには窓が1つでは意味がありません。入口と出口。風が住まいの内部を通り抜けることが大事なのです。

夜に冷気を蓄える

真夏でも、夜がふけてくると、外の気温は案外下がってくるものです。こんな時、窓を開けて冷気を室内に取り込みます。その涼しさを部屋にため込んで室内の温度を下げておき、昼間は直射日光をさえぎれば、たくわえた冷気で夏も意外と涼しい環境で過ごせるものです。

断熱性を高める

温熱環境を整える

心地よい家をつくるためには、人が温かく感じたり、涼しく感じる範囲に室温が保たれるように住宅内の温熱環境をきちんと計画することが大切です。快適な室温は、健康維持の面からも欠かすことはできません。

エアコンに頼らずに快適な環境をつくるには、窓周辺の工夫と外気と接する壁の断熱がポイント。断熱材取替え、インナーサッシ、断熱スクリーン、緑のカーテンなどを用いることで、冬暖かく夏涼しい家づくりを提案します。

湿度が心地よい

暮らしの中の水を調整する

生き物にとって水は命の源。ところが多すぎる空気中の水分は、人に不快感を与えます。人の快・不快を示すバロメーター「不快指数」は、気温と湿度を組み合わせた「蒸し暑さ」の指数。たとえば同じ気温28℃でも、湿度が40%なら人は快適と感じ、湿度が70%だと不快と感じるとされています。温度とともに、人の心地よさに大きく影響する「湿度」。快適に過ごすためには湿度の調整が必要です。

自然素材の調湿性

昔の日本家屋に使われていた建材は、ほとんどが自然素材のものでした。これらは湿度が高い時には水分を吸収し、低い時には放出する「調湿性」があります。

たとえばナラ、カバザクラなどの無垢材は保温性、吸湿性が高いため、夏は涼しく素足に気持ちよく、木の天然成分がストレスを緩和し、ダニやカビの発生を抑えてくれます。逆に冬は直接触れても冷たくなく、ほどよい湿気がのどを守ってくれて、健康的な暮らしができます。