ホーム > ロケーション

洗足池・その名の由来。
洗足池周辺の地名「千束」は、平安時代末期の文献にもその名が見られます。鎌倉時代に、身延山久遠寺から常陸へ向かう日蓮上人が、途中にこの地を訪れ、池のほとりで休息し足を洗ったという言い伝えから、洗足と呼ばれるようになったと言われています。

様々な歴史的な人物も洗足池の歴史には登場します。
池のほとりに鎮座する千束八幡神社は、奥州討伐へ向かう源義家が戦勝を祈願し、源頼朝も安房国から鎌倉へ向かう途中に宿営したことが伝えられています。その他、地名の由来になった日蓮聖人の足跡も残っています。近年では、維新の英雄・勝海舟晩年の邸宅があり、その墓所と江戸城無血開城の交渉相手だった西郷隆盛の碑も園内にはあります。

本来の自然を残すために風致地区に認定されています。
風致地区とは、1919年に「都市内外の自然美を維持保存」することを目的に制定された制度です。指定地区内では、建設物の建築や樹木の伐採などに一定の制限があります。洗足池と一体となったエリアは、昭和5年に東京で2番目に風致地区として指定されました。この制度により、この一体では緑豊かな環境の維持・保全が図られ、景勝地にふさわしい住宅地となっています。

江戸の景勝地として名高い洗足池畔に立地。
洗足池公園は、都内屈指の広さを有する淡水池のある公園です。広い園内には池月橋、水生植物園などのスポットや、勝海舟夫妻の墓、西郷隆盛留魂碑、徳富蘇峰詩碑、名馬池月などの歴史的名所も点在しています。

稀少な洗足風致地区の低層住宅保全地区。
洗足池エコヴィレッジは、洗足風致地区にある、洗足公園と調和のとれた緑豊かなゆとりと潤いのある戸建住宅を中心とした「低層住宅保全地区」に位置しています。ここでは、日照、通風が確保され、圧迫感のない調和のとれた街並を形成するため、建築物の高さの制限(10m)が定められているほか、建築物等の意匠の制限が定められており、良好な住環境と景観が守られています。

洗足池の新築マンション「洗足池エコヴィレッジ」ページ先頭へ戻る

洗足池の新築マンション「洗足池エコヴィレッジ」 交通図

洗足池の新築マンション「洗足池エコヴィレッジ」



洗足池の新築マンション「洗足池エコヴィレッジ」ページ先頭へ戻る

洗足池の新築マンション「洗足池エコヴィレッジ」お問い合わせは 洗足池エコヴィレッジ マンションギャラリーまで 0120-322-108

リブラン他物件はこちら
エコヴィレッジ和光新街区
エコヴィレッジ朝霞本町セントラルコート
エコヴィレッジ新座東カエデコート