Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

子どもが喜ぶ遊べる家、顔が見える家

会員限定

てまひま暮らし人 2018年10月27日

楽ではないけれど、楽しい暮らし“てまひま暮らし”を実践している人を訪ねる企画「てまひま暮らし人」。第9回は、編集部がリノベーション事業部の樋口と宣伝部の髙桑とともに、東京練馬区にあるお宅を訪ねました。

子どもが生まれると「家のなかでも思い切り遊べるようにしたい」と思う方も多いはず。7歳と2歳のお子さんがいるK家も、下のお子さんが生まれたタイミングで家を住み替えてリノベーションしました。生まれたのは、個性的な遊びの空間と子どもたちとのコミュニケーションを重視した仕掛けを備えた家。そこにはどんな暮らしがあるのでしょう?

引っ越し先は、同じ団地内

左からリブランの髙桑と樋口、Kご夫妻。リビングの真ん中にある遊具は子どもたちのために取り付けたもの。

髙桑Kさんはもともとこの団地にお住まいだったんですよね?

たかしさんそうです。以前は別の棟に住んでいたのですが、部屋数の多いこの家に住み替えました。今はまだふたり一緒の子ども部屋ひとつでいいけど、男の子と女の子なので、ゆくゆくはそれぞれに部屋を用意してあげたい。でも、小学校や保育園などの環境は変えない方が良いと思ったので、同じ団地内の広い部屋を探すことにしました。

さやかさん空きが出る度に見に行って、半年くらいでこの部屋に出会いました。

編集部天井が高くて団地のなかとは思えない開放感ですね。

たかしさん最上階だけこの構造なんですよ。ルーフバルコニーまで付いていて最高なんです。ただ、5階なのにエレベーターが無い(笑)。妻は最後まで迷っていました。

フローリングはバーチ(樺)素材をセレクト。リビングには天井の高さを活用してクライミングウォールを設置した。

さやかさん主人が「ここが良い!」ってしつこくて(笑)。それでもこの部屋に決めて、リノベーションしようと決めたのはそれからです。

編集部へぇ。きっかけは何だったんですか?

さやかさんリノベーション特集の雑誌を読んでいた娘が、掲載されていたてまひま不動産の施工事例を見て「ここにしない?」と持ってきたんです。それで、店舗が練馬にもあったから、近いしちょっと行ってみようかって。

この記事の続きは、
会員登録によりお読み頂けます。

「てまひま手帖」の過去の記事の閲覧は、てまひま不動産の情報メールマガジン「てまひまぐらしの会」メンバー特典となっています。

会員の方は、こちらから:

「てまひま暮らしの会」は、てまひま不動産がお届けする、メールマガジンです。 新着の物件情報、最新のイベント、新着情報を、無料で受け取ることができます。

また、ご登録頂いたメールアドレスに、てまひま不動産の詳細資料(PDF)を送付致します。

メンバー特典

1Web未掲載の、新着の物件情報をいち早くお届け!

2てまひま手帖、すべての記事の閲覧パスワード

2てまひま不動産、詳細パンフレット(PDF)の送付

3てまひま不動産での、イベント、講座、見学会など、耳寄りな最新情報!

無料登録はこちらから

店舗
お問い合わせ物件
ご来店の日時
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご希望のイベント日程
第2希望
第3希望
ご来店の人数
お名前
メール
お電話番号
ご住所
物件の種類
物件所在地
築年数
専有面積
ご検討中の内容
購入検討エリア
てまひま不動産を何で知りましたか?
本文