メリット・デメリット比較!新築マンションvs中古マンション 我が家にピッタリなのは?

我が家にピッタリなのは?

家賃がもったいないし、家族も増えたし、

家をそろそろ買おうかな、とお考えのあなた。

家を買うなら、新築?中古?もうお決まりですか??

それぞれにメリット・デメリットがありますから、

ご家族にピッタリな家を選びたいですね。

例えばマンションの場合、新築と中古のメリット・デメリットを見てみましょう。

新築マンションのメリット

①全てお任せでOKの気楽さ・安心感

間取りも構造も、内装材も売主にお任せです。

保証もついていますから、安心感がありますね。

 

②ママ友を作りやすい、小学校の通学がちょっと安心

同時期に同じような家族構成の方が入居されるので、

近隣とのコミュニケーションが取りやすいです。

 

③共用施設が充実

最近の新築マンションはエントランス・ロビーなど共用施設が充実している物件が多いです。

大型物件の場合、キッズスペースや公園がついていたり、菜園やゲストルームがある物件もあります。

 

新築マンションのデメリット

①間取りや設備、内装が選べない

自分たちで考えなくとも決めてくれる気楽さがある一方で、

一部内装のセレクトがある物件を除いて

自分なりのこだわりや、暮らしに合わせてカスタマイズできません。

 

②価格が高い

一般にマンションは新築から一度入居すると価格が20%落ちるなんて言われています。

もちろん物件によって違いますから一概に言えませんけどね。

だから「新築」であるだけで割高になる傾向があります。

 

③立地が細かく選べない

マンション開発はいつでもどこでも行われているわけではありません。

買おうと思ったときに販売されている物件から選ぶことになります。

中古マンションのメリット

①好みや暮らしに合わせられる

築古の中古マンションを購入し、キッチンを交換したり

壁紙を交換したりするだけでも、自分好みにできて楽しいものです。

それに、間取りも一から作る「フルリノベーション」なら

設備や仕様、内装材の種類や色を選べるのはもちろんのこと

リビングの広さや玄関の広さ、個室の数も変えられます。

 

②立地の選択肢が多い

築古のマンションの場合、売出中の部屋がある可能性が高いので

マンションが建っていれば、購入できる可能性があります。

「子どもの通う小学校区内で探したい」という場合は、特におすすめです。

 

③購入価格を抑えられる・資産価値の目減りが少ない

不動産価格は年数とともに、建物の価値が下がり、土地の価値に近づいていきます。

一般にマンションの場合は築20年あたりを目安に、価格の下落が落ち着いてきます。

つまり築古のマンションを購入すると、これ以後の価格の下落は緩やかになっていきます。

将来売却を前提に購入を検討されている方には、特におすすめです。

 

中古マンションのデメリット

①中古なので設備類が古い

フルリノベーションするなら関係ないのですが

お風呂や給湯器などの設備が古いことが多いです。

正常に作動すれば問題ないのですが、ピカピカではないですね。

 

②共用設備は充実していない

キッズルームなどの共用施設がなかったり

中にはオートロックがない物件もあります。

 

③ママ友が作りづらい

自分から挨拶して交流を深めないと

ご近所さんとの輪に馴染みにくいでしょうか。

 

今回は主要なポイントを3つずつ挙げましたが、

実際はもっともっと違いがあって、

それぞれいい面・よくない面があります。

でもお客様ごとに大事な点やこだわらない点がありますよね。

 

お客様の家族構成や暮らしに合わせて

ピッタリなのはどんな物件なのか

探していきましょう。

 

これから住まいを探される方向けのセミナーを開催いたします。

お気軽にご参加ください。


わが家にピッタリなのは?「新築?中古?住宅セミナー」

□日時:6月8日(土)・9日(日) ①10:00・②13:30

□場所:てまひま不動産 練馬店・西荻窪店

□参加費:無料

参加ご希望の方は、以下の予約フォームまたは各店舗へお電話にてご予約ください。ご予約お待ちしています。

西荻窪店 ☎0120-707-735 練馬店 ☎0120-914-435

店舗
お問い合わせ物件
ご来店の日時
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご希望のイベント日程
第2希望
第3希望
ご来店の人数
お名前
メール
お電話番号
ご住所
物件の種類
物件所在地
築年数
専有面積
ご検討中の内容
購入検討エリア
てまひま不動産を何で知りましたか?
本文