Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

リノベーションでおしゃれな土間!事例集

リノベーション事例2020年5月22日
土間写真

リノベーションの土間とは?

リノベーションで土間といえば、室内で土足のまま使うスペースのことです。玄関周りなどに設けることで、外と中のゆるやかにつながる中間領域を作り出します。自転車やベビーカー、掃除道具やお子さんのおもちゃなど、外で使うものを置いておけます。
また、棚などを増設したり、机を置いたり書斎やテレワークスペースにも使え、テーブルを置いてカフェスペースにしても楽しそう。オシャレな空間として活用しましょう。

土間のメリット・デメリット

メリット

  1. 外と中をゆるやかにつなぐ曖昧な空間となるので、アウトドア用品など家の中に持ち込みたくないものを置ける
  2. また、玄関周りの空間が広がり、ものを置くだけでなく、書斎などとしても使用可能
  3. 棚などをつくることで、靴や衣服などをたくさん収納できる
  4. DIYなど部屋の中ではやりにくい作業も可能

デメリット

  1. 内装材や床の素材によりますが冬ので寒さ対策が必要
  2. ものが起きやすいのでたくさん置いてしまうと整理整頓が必要

土間は風通しに効果あり?

玄関からつながる土間はアウトドア用品やベビーカー・自転車など部屋の中に持ち込みたくないもを置くスペースとして人気があります。しかし、てまひま不動産では、土間は風の通り道を作る上で欠かせないスペースとして設計していきます。

BEFORE(土間なし)

まずはBEFOREの間取りを見てください。共用廊下に面してベッドルームの窓があるため、通行者が室内をのぞくことができ、なかなか開けられないですよね。

土間効果間取り図

AFTER(土間あり)

続いてAFTERの間取りをご覧ください。共用廊下に面して「土間」を設けているためベッドルームまでスペースが作れます。共用廊下に面した窓の右側を開け、ベッドルームの窓の左側を少し開けることで、外からの視線をカットしながら風を通すことが可能となります。
土間写真
風が抜けるには入口と出口が必要です。バルコニー側の窓を開けただけでは風は通り抜けません。また、上図の間取りにはウィンドスルークロゼットという風が通せる収納を設けることで風の通り道をたくさん作っています。

土間の素材

大きく分けて、モルタルとタイル張りの2種類があります。
モルタル仕上げの場合、モノトーンのシンプルな雰囲気に仕上がります。白い壁や、木材などとも相性がいい素材で、ビー玉を埋めたり、手形を残したりすることもできます。ただし、ひび割れが発生してしまうこともあります。
タイル貼りは、素材や色によってこだわりの玄関が作れます。大きなタイルを敷き詰めたり、モザイクタイルで模様を楽しんだり、自分好みに仕上げることができます。

土間リノベーション事例9選

1・飛び石のある土間

下の写真は、L字型の土間+ワークスペースの例です。下足入れのほかに大きな棚を作ってアウトドア用品を収納しやすくしています。また、ワークスペースにはハンモックをつるしお気に入りのスペースになっています。
土間写真土間の素材は小石の洗い出しに飛び石を2つ置きました。
土間写真

2・古民家風!横幅いっぱいの土間

次は、リビングを土間側に設けた例です。横幅いっぱいを土間にしています。
土間写真古民家のような雰囲気で、中と外の中間的スペースとなっています。
土間写真

3・ロフトに面した土間

こちらは土間に面してロフトを設け、ロフト下階の書斎スペースに光が入るよう設計しました。土間写真土間を真上から撮影したもので、左が玄関ドア、右が窓、手前に少し写っているのがロフトです。窓に対して、斜めに設計しているため、空間的な広がりと、視線カットにも配慮しています。
土間写真

4・直接ロフトの入り口を設けた土間

同じく、土間に面したロフトですが、こちらは土間から直接ロフト内部に入れる設計です。下足入れの奥が小さな入り口になっています。
土間写真

5・土間一面に下足入れ

こちらは土間に面して大きな下足入れ、上部は全面を窓にしました。回転させることで、通風量をコントロールできます。
土間写真

6・土間の壁をガラスに

土間に面した小窓の上部の壁をガラスにして、光がたくさん入るようにした例です。
土間写真

7・土間の光を廊下に採り入れる工夫

土間の光を廊下にも取り入れたいとガラスの引き戸を設けました。引き戸は開ける幅を調節することで、風の量をコントロールできます。また、寒い冬などは閉めることで断熱効果も期待できますね。
土間写真

8・自転車を整備するための土間

趣味の自転車を整備するスペースとして、一部屋土間にしました。隙間を開けた板の壁に自転車を掛けられるようにしています。
土間写真

9・ガラスを埋め込んだ土間

最後に無気質になりがちな土間のアクセントとしてガラスを埋め込んだ例を紹介します。カラフルな色使いで楽しくなりますね。

土間写真
さて、たくさんの土間を見てきました。
どの土間がお気に入りでしょうか。ぜひ、リノベーションする際には土間を検討してみてください。
てまひま不動さんなら、通風にこだわった間取りを1級建築士がご提案します。

てまひま不動産では、WEB相談を承っております。
ちょっと今は外に出たくないなという方も、オンラインで写真や間取り図をご覧いただきながら、リノベーションの相談が可能です。
ZOOMやLINE、メッセンジャーなどPCでもスマホでも対応いたします。

まだ先だけど自分の考えている間取りがつくれるのか、費用はどれくらいかかるのか、ローンに組めるのか?
そんな疑問にてまひま不動産のスタッフが丁寧にお答えします。

ぜひ、WEB相談を活用してください。

ご予約はこちらから→  https://www.livlan.com/temahima/news/seminar/7262/