てまひまリノベセミナー

リノベーション
2021.04.05

せっかくリノベーションするなら、デザインはもちろんのこと「住んでて心地いい家」に住みたいですよね。

でも「心地いい家」って?

てまひま不動産では、暮らしに自然のチカラを取り入れる「エコミックスデザイン」で、冷暖房に頼りすぎない「心地いい家」を提供しています。

おしゃれだけどキンキンに冷えて素足で歩けない家、化学物質やハウスダストでアレルギーが悪化する家、湿気や結露でカビだらけの家…。

こういった家に住んで後悔しないように、化学物質を含まず調湿機能で快適に過ごせる「自然素材」のリノベーションをご提案しています。

(小さなお子さまの肌にも安心)

 

自然素材の家に暮らすメリット

一昔前に日本家屋に使われていた建材は、木や紙、土など自然の中にあるものに手を加えたものでした。

それらは、周りの湿度にあわせて水分を蓄えたり、放出したりする「調湿性」を備えています。

湿度が高くジメジメする夏は湿気を吸う機能で蒸し暑さを抑え、冬は湿気を吐き出して乾燥を防いでくれます。

石油などを原料としてつくられる新建材にはこの調湿機能はほとんど備わっていません。

杉や檜などの無垢の床材、和紙の畳、珪藻土塗り壁や調湿性のある壁紙など、自然素材を取り入れることで、お部屋の中の湿度を快適に保ちます。

(左:バーチの無垢床、中央:和紙畳、右:調湿性のあるエコカラット)

 

新鮮な空気を取り込む間取りの工夫

締め切った空間に閉じこもっていると心も体もなんだか凝り固まってしまいますよね。

てまひま不動産のリノベーションでは、風の通り道を増やして室内全体に風がいきわたる間取りをご提案しています。

換気もスピーディにできるので、感染症対策にもおすすめです。

たとえば、下の間取り図では、玄関に土間をつくることで、共用廊下からの視線を遮りつつ、窓を開けて風を入れられるようにしています。

回遊動線で人も風も行き来しやすい間取りなど、暮らし方にあわせて間取りを一緒に考えます。

 

 

無垢床のメンテナンスもしっかりサポート

無垢材は“てまひま”かけるほど味のある色が出てくる「経年美化」の材質。

でも無垢フローリングはお手入れが面倒くさいイメージがある方もいらっしゃるのでは?

実は普段の掃除も、掃除機やドライタイプのフローリングワイパーをささっとかけるだけでOK。

飲み物などをこぼしてシミができてしまっても、やすりで削ってからワックスを塗りなおせばキレイになります!

てまひま不動産ではリノベーション後のメンテナンスについてもフォローしていくので安心してくださいね。

(多少の傷もやすりがけでキレイに修復できます)

 

まずは店舗で自然素材を体験してみよう

てまひま不動産の店舗も、無垢のフローリングを張っています。

ご自身の素足で確かめてみてくださいね。

ご来店をお待ちしております。

 

 


□日時:土曜日・日曜日・祝日 各日 ①10:00 ②14:00

平日お昼のセミナー:木曜日・金曜日 各日 ①14:00~ ②14:30~ ③15:00~

□場所:てまひま不動産 「西荻窪店」「WEBセミナー」

□参加費:無料

参加ご希望の方は、以下の予約フォームまたはお電話にて各店舗へお申し込みください。

西荻窪店℡ 0120-707-735 (10:00-18:00、火曜・水曜定休)

 

    店舗
    お問い合わせ物件
    内見の希望日
    ※火曜・水曜は定休日です。
    第2希望
    第3希望
    ご来店の日時
    ※火曜・水曜は定休日です。
    第2希望
    第3希望
    ご希望のイベント日程
    第2希望
    第3希望
    ご来店の人数
    WEB相談の希望日
    ※火曜・水曜は定休日です。
    第2希望
    第3希望
    WEB相談の内容
    ※すべてお選び下さい
    ※末尾の「本文」にご相談内容をご記入下さい。
    ご検討中の内容
    ※末尾の「本文」にてお知らせ下さい。
    ご予算感
    お支払い限度額
    ボーナス払い
    家探しの理由
    ※末尾の「本文」にてお知らせ下さい。
    ご希望の間取り
    ※末尾の「本文」にご希望を記入下さい。
    ご希望の広さ
    ※末尾の「本文」にご希望を記入下さい。
    ご希望の沿線
    ※末尾の「本文」にご希望を記入下さい。
    ご希望の最寄駅
    駅から距離(徒歩)
    お名前
    メール
    お電話番号
    ご住所
    物件の種類
    物件所在地
    築年数
    専有面積
    ご検討中の内容
    購入検討エリア
    てまひま不動産を何で知りましたか?
    本文