Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

てまひまリノベ 和室&タタミ編

てまひまリノベ 2020年5月22日

みなさんこんにちは  宣伝部スガハラです。

今回は、てまひまリノベーションでも人気の和室&タタミを特集します。

在宅ワークや、在宅学習時間が増え、自宅でもエコノミークラス症候群に気をつけましょうなんてニュースも目にしますが、タタミは横になって体をほぐしたり、ちょっとお昼寝したり、”ほっ”とするスペースになりますね。適度な硬さで、座ってもよし寝てもよし、居間としてまた寝室として多目的に使えるのも魅力です。
てまひまリノベーションでは和紙タタミを使用しています。和紙をこよってタタミ状に編んだもので、肌ざわりよく、夏は湿気を吸い、冬は放出してくれます。また、従来の「イ草」に比べて、カビの発生やカビをエサとするダニの増殖が抑えられ、耐久性・耐水性も高く、経年変化による変色も抑えられ、いいことずくめのタタミなんです。

それでは、和紙タタミを使ったてまひまリノベーションの事例を見ていきましょう!

小上がりタイプ

リビングなどの床から段差を設けた空間。下部を収納にしたり、お子さんがおもちゃを広げたり勉強したり、リビングとつなげてくつろぎの場所にしたりとさまざまに使われています。


下部は引き出し式の収納で、たっぷり入ります。

段差を利用し、堀机を作りました。在宅ワークでも活用してそうですね。モデルは練馬店長の樋口くん。

こちらはリビングとダイニングに面し、コーナーを開け放てるようにしています。

フチなしのタタミ(正方形)を使用。

タタミを上げると下部は収納となっています。

こちらも、下部を収納にしています。

 

この間取り面白いのは、両側が引き戸で解放でき、リビングと洋室までつながって使えます。風通しも明るさも抜群ですね。

タタミがデザインのアクセントとなる例です。天井と床の板、コンクリート打放しの梁、障子と小上がりのタタミで表情のある美しい空間をつくっています。

下の写真は今までの小上がりと違いほんの少しだけ段差を設けています。4枚の引き戸で個室として使うことも可能です。

引き戸の上の壁はガラスにして、空間的な広がりを感じられるように作りました。

壁は珪藻土を使っています。左官職人による塗り壁で、コテむらが壁に表情を生み出します。作り付けの棚には、花や陶器などを飾るのでしょうか?とても上品な空間ですね。

小上がりの角に柱を立て、意識的な結界を作っています。また、バルコニーに面したサッシとの間に縁側のような空間が設けられ、なんか楽しそうですね!

反対側は堀机になっています。モデルは練馬店長の樋口くん!

フラットタイプ

小上がりと違って段差がないため一体の空間として広く使うことができます。下の写真はタタミコーナーの上に屋根を設け、ネコちゃんの遊び場にしています。空間としても面白いですね。

 

個室として使用できるように引き戸を設置しました。天井や、壁の色とタタミが落ち着いた空間にしています。

 

和紙タタミには色が数種類あり、こちらはベージュ系を選んでいます。折目にあたる光で表情が楽しめます。

LDのコーナーにタタミスペースを設け、仕切れるようにしています。天井まで高さのある引き戸が壁を減らし、解放的でシンプルな空間を構成しています。

 

 

 

こちらは、アジアンテイストの和室です。木製ブラインドや、壁紙でこんなにも変わるのですね。

お気に入りの家具など置いて楽しんでいるのではないでしょうか。

 

最後に載せるの迷ったのですが、こんな使い方もできるという例をご紹介します。
実は、撮影日にタタミが間に合わなく設置されていません。(流通トラブルのようでした。お引き渡しまでには設置してます。)
この和室は中心が囲炉裏(家電を使用)になっていて周りにタタミが敷かれます。料理を囲みながら豊かな時間が流れていく、そんなすてきな空間です。

畳は日本固有のもので、床板の敷物が、厚みがある今の作りと同じようになり寝具として用いられていたそうです。室町時代に部屋に敷き詰められる書院造が登場しましたが、庶民が使えるようになったのは江戸時代のようです。
てまひまリノベーションでもタタミ欲しい派と不要派に分かれるようですが、日本固有の素材でこんなにすてきで快適な空間を作ることができます。

 

てまひま不動産では、WEB相談を承っております。
ちょっと今は外に出たくないなという方も、オンラインで写真や間取り図をご覧いただきながら、リノベーションの相談が可能です。
ZOOMやLINE、メッセンジャーなどPCでもスマホでも対応いたします。

まだ先だけど自分の考えている間取りがつくれるのか、費用はどれくらいかかるのか、ローンに組めるのか?
そんな疑問にてまひま不動産のスタッフが丁寧にお答えします。

ぜひ、WEB相談を活用してください。

ご予約はこちらから→  http://www.livlan.com/temahima/news/seminar/7262/

 

 

「てまひま暮らしの会」は、てまひま不動産がお届けする、メールマガジンです。 新着の物件情報、最新のイベント、新着情報を、無料で受け取ることができます。

また、ご登録頂いたメールアドレスに、てまひま不動産の詳細資料(PDF)を送付致します。

メンバー特典

1Web未掲載の、新着の物件情報をいち早くお届け!

2てまひま不動産、詳細パンフレット(PDF)の送付

3てまひま不動産での、イベント、講座、見学会など、耳寄りな最新情報!

無料登録はこちらから

店舗
お問い合わせ物件
内見の希望日
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご来店の日時
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご希望のイベント日程
第2希望
第3希望
ご来店の人数
お名前
メール
お電話番号
ご住所
物件の種類
物件所在地
築年数
専有面積
ご検討中の内容
購入検討エリア
てまひま不動産を何で知りましたか?
本文