Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

結果発表!てまひま・オブ・ザ・イヤー

2021年3月20日

てまひま不動産OBの方々から「自慢の暮らし方」を募集しておりましたてまひま・オブ・ザ・イヤー、たくさんのご応募をいただきました!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます。

どのおうちも暮らしを楽しんでいる様子に、スタッフ一同とてもうれしく思いながら応募作品を見させていただきました。

入賞された方の応募作品をご紹介いたします!

 

入賞作品

Best of  羨ましい賞:空とつながる

ペンネーム CHERRYBASE さま

【お客さまコメント】

我が家の出窓から見える空模様。引っ越す前は外に出ないと見れなかった景色。

どんな空を見せてくれるのか、毎朝起きる時の楽しみになりました。

【てまひまスタッフのコメント】

写真を見て、家は外があっての家であり、外の景色や天気によって室内の表情は変わるものだと思いました。外との関わりが素敵です(設計・澤本)

送られてきた写真を拝見して、きれいな写真に感動しました。窓からの移り変わりを楽しむという生活の視点も、とても素敵です(営業・廣野)

CHERRYBASE さまには練馬のお菓子屋さんアルカションのお菓子セットをプレゼントいたします!

最強DIY賞:理想の仕事スペース

ペンネーム ちびたこさま

【お客さまのコメント】

寝室に机が欲しいという家族の希望を叶えるために、部屋にぴったり合うサイズの仕事机を自作しました。頼まれていた、大量の本や資料、A3対応プリンターを収納できるスペースも用意しています。 素材は全て木でコーディネートしています。リノベで使用した杉の床材の余りを使った、引出しとパソコンスタンド。杉の集成材の天板。更に、丸太を削りだした椅子(これは既製品)。リモートワークで家に引きこもりがちですが、そんな時でも天然の木に包まれ ることで、ふとした時に安らぎが感じられると、気に入ってもらえたようです。 実用面でもこだわっています。作業効率を高めるために、サブディスプレイを使ってノートパソコンを二画面に拡張。スイッチ一つで個人用と仕事用のパソコンを切り替えることもできます。 期せずしてリモートワーク主体となり、初めの予想以上にこのスペースを使う時間が多くなりました。そんなハードな実用にも耐える、安らぎと実用性を兼ね備えた公私共に大活躍のスペースになりました。

【てまひまスタッフのコメント】

ご家族が快適に在宅ワークできる環境を作ってあげようとする気持ち。余った材料を有効活用している点。ヒトとモノに対する愛情を感じました(設計・内田)

杉の床とのマッチングが素敵です。一般の方が作られたとは思えない出来栄えですね。さらに実用面でもこだわりがあって、その行動力に拍手!(営業・杉内)

ちびたこさまには西荻窪の手作りハム・ソーセージ専門店フランクフルトのギフトセットをプレゼントいたします!

心温まるで賞:DIYキッズ誕生

ペンネーム さくファミさま

【お客さまのコメント】

ママが欲しがっていたからと、自らのひらめきを形にした8歳息子の作品。 サイズも一人で計測し、端材で作っていました。長い自粛期間だったからこそ集中して完成した作品かもしれません。色は私のリクエスト通りのブルー&ゴールド。今ではお気に入りのキッチンツールとなりました。

【てまひまスタッフのコメント】

お子さんがママのために作ったというのが◎ クロスの水色とタイルの紺とのコントラスト(鍋も)が料理が楽しくできそうな空間でよかったです(営業・笹川)

お母さんのためにここまで頑張った息子さんが素晴らしかった。色合いもいいですね!(営業・樋口)

さくファミさまには西荻窪の手作りハム・ソーセージ専門店フランクフルトのギフトセットをプレゼントいたします!

 

近近未来賞:愛しの台所・少しエコ。新聞袋の生ゴミシステム

ペンネーム オキエックさま

【お客さまのコメント】

少しでも地球に優しい事をしようと思い、生ゴミを乾かしてから捨てるようにしました。毎朝夫が淹れてくれるコーヒーかすは小さめの新聞紙の箱で1日干し、翌日大き目の新聞紙の底に敷き、そこに野菜クズなどを入れます。寒くなってから始めたせいなのか、今のところ臭いは全くしませんし、虫も湧きません。1日1袋を3~4日このまま干して収集日に捨てています。

【てまひまスタッフのコメント】

サステイナブルな暮らしへの意識の高まりを感じさせるアイデアです。ゴミは毎日出るもので、住宅からゴミ問題への取り組みを考えるきっかけを示唆していただいた気がします。(常務取締役・今野)

地球のことも考えた、地球規模のてまひま暮らしだと思いました。このような暮らしが少しずつ広まっていくと良いなと思います(設計・澤本)

オキエックさまには練馬のお菓子屋さんアルカションのお菓子セットをプレゼントいたします!

 

さて、栄えあるグランプリは…!?

グランプリ:廊下であそぼう!

ペンネーム わたさま

【お客さまのコメント】

廊下で色々な遊びをします。

ボウリングも、キャッチボールも、サスケごっこもできます。

僕はうちの廊下が好きです。

【てまひまスタッフのコメント】

廊下という、寝れもしない、物も置けない場所が遊び場に!廊下の概念を変えてくれた使い方に目からうろこです(常務取締役・今野)

人によっては無駄なスペースと思いがちな廊下を楽しむ場所として暮らしているところが素敵だと思いました(設計・田中)

私も実家の廊下で牛乳パックボウリングやミニラジコンを走らせていた記憶が甦り、懐かしくなりました。お子様ご自身で創意工夫した遊びは、ずっと記憶に残るのだと思う。久々に、猛烈に実家に帰りたくなりました(営業・春日井)

わたさまには2万円相当お肉セットをプレゼントいたします!

 

その他、応募してくださったみなさまには今野常務取締役賞として、西荻窪の人気洋菓子店の焼き菓子ギフトをお送りいたします。

 


たくさんのご応募ありがとうございました!

てまひま不動産では、これからも日々を楽しんでいただける住まいを提供していきます。