Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

リノベーションとリフォームの違い

てまひまリノベ 2020年6月24日

テレビ番組や新聞広告などでよく耳にする、中古住宅の「リフォーム」と「リノベーション」。どちらも住まいの修繕に関することだとは知っていても、似ている言葉ですし、両者の違いについて正しく理解されている方はそれほど多くはないかもしれません。

実は、リフォームとリノベーションには法律などで定められた明確な区別や定義があるわけではありません。しかし、建築業や不動産業では別々のものとして捉えられています。今回は、意外と知られていない、このリフォームとリノべーションの違いについてお話しましょう。

 ■壊れたり、劣化したものを直すのが「リフォーム」

リフォームとは、いわば「原状回復」。どんなものでも年数が経てば、劣化や汚れ、故障などにともなうさまざまなトラブルが発生します。傷んだ箇所を新築時と同等の状態に戻すような復元工事を一般的に「リフォーム」と呼んでいます。

●築年数が進んで傷んだ状態を元に戻したい

人が暮らす住まいは時間の経過とともに味わいが増しますが、同時に傷みも現れます。特に水廻りは他の場所と比較してもトラブルが出やすい場所ですので、トイレや浴室、キッチンなどはリフォームの対象になりやすい箇所です。

 

 

壁紙は生活の汚れが付着しやすく、また陽のあたる場所では変色なども起こることから、築年数の経った家ではクロスの張替えリフォームが行われることがよくあります。また、外壁塗装もリフォームの代表格。雨風から家を守ってくれている外壁は劣化しやすく、10年を目安に定期的な修繕が必要になります。

●手すりを付けるなどのバリアフリー工事も

時間の経過とともに、家と一緒に過ごしてきた家族も高齢化していきます。原状回復にはあてはまりませんが、「廊下などに手すりを付ける」「浴室の床を滑りにくい素材に変える」などのバリアフリー工事もリフォームになります。ただし、「車いす仕様にするために廊下を広げる」「エレベーターを取り付ける」など、大規模な工事が必要なものは、次でご説明するリノベーションの範疇になります。

 

■間取り変更や素材をランクアップするのが「リノベーション」

もともと住んでいる家に手を入れるのはもちろん、中古住宅を購入し、ライフスタイルに合わせて間取りや建材などの大幅変更をともなうものを「リノベーション」と呼んでいます。新たな住まいを作っていく工事と考えるとわかりやすいでしょう。

空間をどのように使うか、「0」から考えていかなければならず、設計士と打ち合わせして、間取りを決めいくことが必要となります。

てまひま不動産のリノベーションは内装を全て取り壊してスケルトンといわれる状態にします。

 

壁・天井・床と配管などの制約はありますが、間取りを自由に作り直すことができます。

練馬_スケッチ

●家族やライフスタイルの変化に合わせたいときはリノベーション

結婚や出産、子どもの独立などで家族構成やライフスタイルが変化することによって、「生活しやすい家」のあり方も変わっていきます。住まいはその時々に最適な間取りにすることで豊かな暮らしにもつながるなど、リノベーションは人生そのものにも直結するといえるでしょう。

 

また、「ほかにはないオリジナルデザイン」「健康に配慮した自然素材を使いたい」などの要望は、注文住宅では費用が高額になってしまうものですが、中古住宅のリノベーションなら安くなります。

●3LDKから1LDKへ間取りチェンジなど、好みに合わせて変更

出産によって家族が増えたときや子どもが独立して部屋が空いてしまったときは、思い切って間取りから変更するリノベーションをおすすめします。「もっとリビングを広くしたい」「収納スペースを確保したい」といった希望に合わせて、リビングと使っていない隣の部屋をつなげたり、土間や小上がりスペースを作ったりすることができます。

●ワンストップリノベーションなら住宅ローンも利用可能

リフォーム工事の場合、リフォームローンを利用することが可能です。工事代金のみが対象となり、融資額・返済期間も住宅ローンに比べ短めです。

中古住宅とリノベーション工事をセットで行う場合は、リノベーションの工事費を住宅購入費と合わせて最長35年の住宅ローンを組める場合があります。金利も低く手続きもワンストップで行えるので、間取りや素材選びなど家つくりに専念できます。

■まとめ

リフォームとリノベーションは、「家を直す」ことに違いはありませんが、今までと同じ生活をしたいのか、より暮らしやすくしたいのかによって施工内容が変わってきます。住まいの改修をご検討の際は、どちらがご自分たちのライフスタイルに近いのかじっくり考えてみましょう。

「てまひま暮らしの会」は、てまひま不動産がお届けする、メールマガジンです。 新着の物件情報、最新のイベント、新着情報を、無料で受け取ることができます。

また、ご登録頂いたメールアドレスに、てまひま不動産の詳細資料(PDF)を送付致します。

メンバー特典

1Web未掲載の、新着の物件情報をいち早くお届け!

2てまひま不動産、詳細パンフレット(PDF)の送付

3てまひま不動産での、イベント、講座、見学会など、耳寄りな最新情報!

無料登録はこちらから

店舗
お問い合わせ物件
内見の希望日
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご来店の日時
※火曜・水曜は定休日です。
第2希望
第3希望
ご希望のイベント日程
第2希望
第3希望
ご来店の人数
お名前
メール
お電話番号
ご住所
物件の種類
物件所在地
築年数
専有面積
ご検討中の内容
購入検討エリア
てまひま不動産を何で知りましたか?
本文