Renovation Cases

リノベーション事例

インナーテラスをつくったリノベーション

光が降り注ぐインナーテラス
拡大
間取り
2LDK
施工面積
66.41m2
築年数
33年
エリア
東京都
間取り
2LDK
施工面積
66.41m2
築年数
33年
エリア
東京都

インナーテラスをリノベでつくる

元のリビングをダイニングにして、和室であったところをリビングとインナーテラスに変更。インナーテラスは、少し小さめのバルコニーを補完するサンルーム兼書斎として活用しています。インナーテラスは障子で元の和室の記憶を残し、リビングの壁・天井は構造躯体の風合いを残しました。

リビングにもほっと落ち着ける工夫を

大きなLDは家族が集うことはもちろん、集まりつつ別々のことをしていても気にならないよう、ダイニングテーブル・ソファー・書斎とそれぞれに「たまり」を設けています。「たまり」とは、軽く寄りかかれるような壁や、少しだけこもれるような部屋の隅っこ、軽く腰掛ける段差など、「ゆっくりと落ち着いて過ごせるちょっとした小空間」のこと。だだっ広い空間にぽつんといるとなんだか落ち着かない気分になりますよね。空間を梁や色味、テクスチャー(素材感)などでゆるやかに区切ることで落ち着く「たまり」をつくりました。

メリハリのある空間づくりで開放感を演出

リビング・ダイニングといったパブリックな空間に生活感が出過ぎないよう、クロゼットや本棚は主寝室に。天井高の低い廊下は水廻り側の壁面のトーンを落としました。各部屋に入った時に、高さや明るさでよりいっそうの開放感が得られることを期待しています。

子供室は将来、2部屋に分けられるよう、扉を引き分け(左右どちらからも開けられる扉)にしています。ウォークインクロゼットは廊下から使えるプランにして家族全員が使えるスペースにしました。

もっと詳しく!OBインタビュー

家族とともに呼吸する健やかな家
お客様インタビュー
2017-05-10