Renovation Cases

リノベーション事例

ロールスクリーンで仕切り、リビングを有効活用するリノベーション

帷(とばり)の下りたリビング
拡大
間取り
1LDK
施工面積
56㎡
築年数
築48年
エリア
杉並区
間取り
1LDK
施工面積
56㎡
築年数
築48年
エリア
杉並区

昼夜で使い分けるリビングルーム

玄関から直接リビングにつながる間取りを、バルコニー側に移動。リビングに明るい日差しが入る間取りに変更しました。リビングにはロールスクリーンをつけました。スクリーンを下ろすと、スクリーンがリビングの一角を隔てる帷(とばり)となって寝室として使える構造に。昼間は広々とリビングを使い、夜はこもれるように時間帯によっても使いわけができる形に生まれ変わりました。

サービスルームはガラス戸を採用。昼間はリビングから光がガラス戸を通ってサービスルーム内に届き、夜はガラス戸の前につけたカーテンレールでカーテンを閉めて光を遮ることができます。

触れてわかる無垢の心地よさ

床は杉材を使った無垢フローリング。物件探し中に国産の杉材を使った弊社のリノベーション済み物件を見学したお施主様。そのときに、自ら裸足になって無垢材の感触を試したところ、心地よさに共感して杉材を選ばれました。

床暖房もいれ、冬も足元からあたたかく過ごせる住まいになりました。

お部屋の様子