Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

無垢フローリングの凹み(へこみ)直し方

自然素材メンテナンス (更新:
関連ワード: 無垢材動画

動画で無垢床のお掃除とメンテナンス方法をご紹介するシリーズ!第2回目は「無垢床のへこみの直し方」です。

無垢フローリングのへこみは直せる?

手を滑らせてものを落としてしまったり、家具を引き摺ってしまったり、ソファなど重いものを置き続けたり…。生活のふとした場面で床にキズがついてしまったり、へこんでしまうのはよくあることです。

無垢床は柔らかい踏み心地を楽しめる反面、キズ・へこみが付きやすいので、すぐボロボロになってしまうんじゃないかと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

でも大丈夫!無垢材はアイロンを、多少のへこみやキズを補修することができます。

床のへこみ

無垢フローリングのへこみの直し方

それでは早速、見ていきましょう。下記を準備します。

用意するもの
  • 霧吹き
  • 濡らした雑巾
  • スチーム機能付きアイロン
  • 蜜蝋ワックス
  • 雑巾

[1] 霧吹きで無垢フローリングのへこみに水を吹きかけます

へこみに霧吹きで水をかける

[2]へこみに濡れた雑巾を覆い被せます

へこみに濡れ雑巾をかぶせる

[3] へこみにスチームアイロンをかけていきます

雑巾をめくってへこみの様子を見ながら、何度かスチームアイロンをかけます。

へこみにスチームアイロンをかける

ご覧ください。無垢材がアイロンの蒸気を吸って膨らみことで、へこみが目立たなくなりました!

へこみの直す前と直した後

[4] 無垢フローリングが乾いたら蜜蝋ワックスを塗ります

蒸気の水分でワックスが剥がれてしまいますので、ワックスを塗り直していきます。

てまひま不動産おすすめの、無垢フローリング用のワックス「未晒し蜜蝋ワックス」を使います。

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックスを少量雑巾につけて、

ワックスを少量雑巾に取る

無垢フローリングのへこみを直したところに塗り込みます。

雑巾で塗り込む

ワックスが乾いたら乾拭きして完了です!

どうしてアイロンでへこみが直るの?

生きている木は土から水分や養分を吸い上げています。その水分の通り道が「道管」。何万本もの微細な管が木の中にあるのです。

無垢板は切り出された木を製材する時に乾燥させ、木材の中の水分量を調整します。すると微細な道管の水分は蒸発し空気層となります。

この空気層は水分を吸い込みやすくなっています。ここに、スチームアイロンと加熱することで膨脹させ、へこみを無垢材の内側から押し返させることで、へこみが修復されるのです。

へこみが出来た直後に補修しよう

1点、注意としては、アイロンによる修復はできたばっかりのへこみの方が直しやすいです。時間が経ったへこみはさらに傷がついたり、固くなったりして、直らないこともありますのでできるだけすぐに補修しましょう。

表面が毛羽立つ時には、ヤスリがけも

ナラなどの硬い木材の場合、へこみを直した後に水分で表面が毛羽立ってしまうことがあります。

その場合は、紙やすり(240番~320番の目の粗さがおすすめ)で軽く削って滑らかにしてからワックスがけをすると、ざらつきを軽減できますよ。

無垢材には、へこみやすいものと、へこみにくい種類がある

堅い樹種メープル、カエデ、ナラなどはへこみにくいのですが、スギやヒノキ、マツ、パインなどは柔らかくへこみやすいと言われています。そのかわり、踏み心地が柔らかく温かみを感じます。どちらがいいかは、実際に足で踏んで確かめてみてください。

無垢床はお手入れも楽しんで。

汚れてもお手入れすることで長く風合いを楽しめる無垢の床材。日々のメンテナンスも楽しんで行えば、より一層味がでて、愛着も増していきますね!

てまひま不動産ではリノベーション後も無垢床メンテナンス含めアフターフォローを行っています。無垢フローリングもぜひ視野に入れて中古リノベを検討してくださいね。

【参考】無垢床の掃除/メンテナンス方法シリーズ

無垢床の掃除・メンテンナンス方法、YOUTUBE動画でご紹介しています!是非あわせてご覧くださいね。

無垢床、フローリングの汚れ落とし方
自然素材メンテナンス
2021-04-12
無垢床への蜜蝋ワックスの塗り方
自然素材メンテナンス
2021-04-12

こちらは、無垢床のお手入れ方法をまとめた記事です:

無垢床のお手入れ。お掃除とメンテンナンス方法
リノベコラム
2021-04-12

てまひま不動産を運営する株式会社リブランでは、暮らしの役に立つ動画をYouTubeにて発信中!

リブランのYouTubeチャンネルでは、今回の「汚れ落とし」以外のメンテナンス動画も投稿を予定しています。今後の動画もお楽しみに!

YouTube リブランチャンネル

動画作成:コミュニティ推進室(株式会社リブラン・リブランマインド)

文章:ウエマツ