Life style magazine

暮らしスタイルマガジン
「てまひま手帖」

無垢床への蜜蝋ワックスの塗り方

自然素材メンテナンス2021年4月23日

動画で無垢床のお掃除とメンテナンス方法をご紹介するシリーズ!第3回目は「蜜蝋ワックスの塗り方」です。

無垢床にワックスは必要?

耐久性を上げたりツヤを保つためには必要!

無垢床は合板に比べてこぼした液体(水やジュースなど)が染み込みやすいイメージがありますよね。

確かに木から切り出した素のままの木材は液体を吸収しやすい性質があります。

ですが、撥水性のあるワックスを塗って保護することで、染み込みを軽減でき、きれいな状態を保つことができるのです。

また、ワックスを塗装することでつややかな木の表情を楽しめます。

無垢床のワックスの塗り方

ワックスを選ぼう

ワックスにはも浸透系塗料とコーティング系塗料があります。

浸透系塗料はオイルや蜜蝋ワックスなどで、木の内部に塗料が浸透します。木材の表面に膜を張ることなく浸透していくので、木の質感を保ったまま、木の湿気を吸ったり吐いたりする調湿機能を妨げません。

合成樹脂(プラスチックなど)でできたコーティング系塗料は、無垢材に蓋をしてしまうため、調湿機能などの木材の持つ魅力を損なってしまいます。

てまひま不動産のおすすめワックス

無垢材は自然のものなので、ワックスにも自然素材でできたものをおすすめしています。

蜜蝋ワックスは自然素材であるミツバチの巣とエゴマ油から作られています。木材の表面には蜜蝋で膜をつくり、木の中にはエゴマ油を浸透させることで撥水効果を長持ちさせ、木材を保護します。

無垢フローリングに蜜蝋ワックスを塗ってみましょう!

無垢材の蜜蝋ワックス塗りに用意するもの

用意するもの
  • 蜜蝋ワックス
  • 乾いた雑巾
  • 使い捨てスプーン(複数人で行う場合)
  • 紙コップ(複数人で行う場合)
  • マスキングテープ

ワックスを塗ると服に臭いが付着するので、汚れても良い服装で行ってください。

蜜蝋ワックスを塗る前の下準備

蜜蝋ワックスを塗る前に掃除

掃除機や雑巾・フローリングワイパーで乾拭きして床をきれいにしておきましょう。

幅木をマスキングテープで保護

幅木(床と壁の境目に取り付けられる部材)にワックスがついてしまうと変色してしまうため、幅木と床の境目にマスキングテープを貼って保護します。

蜜蝋ワックスの塗り方

蜜蝋ワックスは雑巾に取って塗布

蜜蝋ワックスを少しだけ雑巾につけて床に塗り込みます。

蜜蝋ワックスの量の目安

蜜蝋ワックスは、畳半分ほど(約90cmの正方形)の面積に対して500円玉3枚分の量が目安。

無垢材に蜜蝋ワックスを塗る

ワックスは幅木から1cmほど離して塗りましょう。

塗り終わったら丸1日しっかりと乾かすのが理想ですが、扇風機やエアコンの風を当てて乾燥時間を短縮させることも可能です。

(足跡がつかないようにご注意くださいね!)

塗り直しのタイミングは?

無垢材にワックスを再塗装する時期の目安

部屋によって、塗り直しの時期が異なります。

汚れがつきやすいキッチン床・トイレ床はは半年から1年、リビング床・子ども部屋の床は1〜2年、寝室床・書斎床・家具類は2〜3年の頻度で塗ると効果が持続し、無垢床全体の魅力を増すことができます。

メンテナンスで無垢床を楽しもう

お手入れすることで「経年美化」する無垢材。

てまひま不動産のリノベーションでは、無塗装の無垢床を選び、ご自身で蜜蝋ワックスを塗るお客様もいらっしゃいます。

塗り方や注意点についてもスタッフにご質問ください。アフターフォローを含めてご説明いたします。

無垢フローリングもぜひ視野に入れて中古リノベを検討してくださいね。

【参考】無垢床の掃除/メンテナンス方法シリーズ

無垢床の掃除・メンテンナンス方法をYOUTUBE動画でご紹介しています!是非あわせてご覧くださいね。

無垢床の汚れ落とし方
自然素材メンテナンス
2021-04-23
無垢フローリングの凹み(へこみ)直し方
自然素材メンテナンス
2021-04-23

こちらは、無垢床のお手入れ方法をまとめた記事です:

無垢床の掃除とお手入れ方法
リノベコラム
2021-04-23

てまひま不動産を運営する株式会社リブランでは、暮らしの役に立つ動画をYouTubeにて発信中!

リブランのYouTubeチャンネルでは、今回の「蜜蝋ワックス」以外のメンテナンス動画も投稿をしています。ぜひ参考にしてください。

YouTube リブランチャンネル

動画作成:コミュニティ推進室(株式会社リブラン・リブランマインド)

文章:ウエマツ